持続化補助金 省力化投資補助金

【2024年】お掃除ロボットの導入が補助される補助金を紹介

掃除ロボットは、レストランやホテル、オフィスビルなどの掃除を自動で行ってくれるロボットですが、導入には相応の費用がかかります。最近は様々なメーカーから多種多様なお掃除ロボットが登場しています。自社の業務生産性の向上に向けて、導入に興味のある事業者は多いのではないでしょうか。そ

持続化補助金

【最新】持続化補助金の常時使用する従業員の定義を解説

持続化補助金では、申請事業者の常時使用する従業員数が要件にかかわっています。しかし、この「常時使用する従業員数」とは具体的にどういった定義なのでしょうか。今回の記事では、持続化補助金における従業員数の定義を解説します。小規模事業者持続化補助金とは小規模事業者持続化補助金(

持続化補助金 省力化投資補助金

【2024年】配膳ロボットに使える補助金を解説

配膳ロボットは、食事の提供や食器の片付けなど、レストランでのサービスを自動化する技術として注目されています。大手レストランチェーンの導入例がニュースで紹介されるなど、その関心は高まっています。そこで本記事では、配膳ロボットの導入に使える補助金を紹介します。配膳ロボットとは

持続化補助金

持続化補助金 災害支援枠第1次の公募開始!2024年2月1日から

2024年2月1日、能登半島地震で被害を受けた石川、富山、新潟、福井の4県の小規模事業者を支援する新たな取り組みとして持続化補助金「災害支援枠」の第1次公募受付が開始しました。小規模事業者持続化補助金とは小規模事業者持続化補助金(持続化補助金)は、事業者が作成した経営計画

持続化補助金

持続化補助金 災害支援枠の採択率や要件について

「中小企業庁と中小機構が、2024年1月25日に能登半島地震で被害を受けた石川、富山、新潟、福井の4県の小規模事業者を支援する新たな取り組みとして、「小規模事業者持続化補助金」に「災害支援枠」を設置し、2月1日から申請受付を開始すると発表しました。小規模事業者持続化補助金とは

持続化補助金

小規模事業者持続化補助金 災害支援枠を解説

「中小企業庁と中小機構が、2024年1月25日に能登半島地震で被害を受けた石川、富山、新潟、福井の4県の小規模事業者を支援する新たな取り組みとして、「小規模事業者持続化補助金」に「災害支援枠」を設置し、2月1日から申請受付を開始すると発表しました。小規模事業者持続化補助金とは

持続化補助金

持続化補助金 第15回は雑役務費(アルバイト代)が補助対象外に?

2024年の持続化補助金第15次への申請を検討する事業者も多いでしょう。持続化補助金第15回から補助対象経費の要件などにおいて、いくつかの変更が入っています。申請前にしっかりと理解した上で検討を進めていくことが大切です。そこで今回は、アルバイトとして利用できていた雑役務費

持続化補助金

【持続化補助金】第15回から専用の申請システムから応募受付開始

2024年に持続化補助金の申請を検討する事業者も多いでしょう。持続化補助金第15回から申請フローが大きく変わります。第15回は専用の申請システムから応募受付となるからです。今回はその点について詳しく解説します。小規模事業者持続化補助金とは小規模事業者持続化補助金(持続化補

持続化補助金

2024年 持続化補助金第15回の公募開始!申請締切はいつ?

先日、持続化補助金第15回の公募要領が公開されました。本来、2023年度末に開示予定でしたが、少し遅れていました。今回の記事では、最新の公募要領から申請枠や補助上限、締切や全体スケジュールを見ていきましょう。小規模事業者持続化補助金とは小規模事業者持続化補助金(持続化補助