【外食産業事業成長支援補助金】一次公募開始。最大1,000万円まで外食産業の事業成長を支援

補助金

外食産業は日本の文化と経済の要であり、新たな「外食産業事業成長支援補助金」はこの重要な産業の発展をさらに推進するものです。農林水産省によって立ち上げられたこの補助金は、上限1,000万円、補助率1/2で、外食産業の事業成長と売上拡大を目的としています。申請期間は2023年4月17日から5月31日までと定められ、売上要件に基づいて申請が受け付けられます。この補助金は業態転換、新メニューの開発、テイクアウト販売の拡大など、外食産業の様々な取り組みを支援することを目的としています。

外食産業事業成長支援補助金 申請の条件

売上要件

2021年度から2022年度の売上の伸び率が115%以下であるが条件です。また申請に向けては、今後の売上拡大を前提とした計画である必要があります。

売上伸び率が115%以上の場合

2021年度から2022年度の売上の伸び率が115%以上でも、2019年度と比較し100%以下の場合は申請可能です。コンサルタント、金融機関、ベンダーなどの共同事業者との共同申請が必要となります。

外食産業事業成長支援補助金 対象経費

補助対象経費は主に以下です。

  • 建物費
  • 機械装置・システム構築費
  • 技術導入費
  • 運搬費
  • 広告宣伝・販売促進費
  • 研修費
  • 外注費
  •  

外食産業事業成長支援補助金 対象事例

外食産業事業成長支援補助金では業態転換や商品・サービスの提供方法変更などの取り組みが対象です。農林水産省のパンフレットには以下の様な一例として以下が挙げられています。

・居酒屋から焼肉店への転換
・テイクアウトやデリバリー用メニューの開発
・新しい食材やメニューの開発
・飲料の計量自販機を設置し、お客様自身で受け取る仕組みの開発
・スマートフォンを使った多言語セルフオーダーシステムの導入 など

また、商品・サービスの提供方法を変える取り組みの例として以下が挙げられている。

・テイクアウト販売を拡大する販売窓口の設置
・店舗外での販売を強化するためのキッチンカー改装
・店舗の人気商品を全国に販売する目的でECサイトを作成
・調理時間の短縮と業務効率化を図るための半加工品の冷凍保存 など

まとめ

農林水産省の「外食産業事業成長支援補助金」は、外食産業の持続可能な成長と発展を支援するために設立されました。この補助金は上限1,000万円、補助率1/2で提供され、売上の伸び率が特定の基準を満たす企業が対象となります。補助対象経費は建物費、機械装置・システム構築費、技術導入費、運搬費、広告宣伝・販売促進費、研修費、外注費など多岐にわたります。さらに、業態転換や新しい食材やメニューの開発、テイクアウトやデリバリー用メニューの開発などの取り組みも対象とされています。

農林水産省からの公募情報

https://jmac-foods.com/adopted/1346/

DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー