中小企業庁 令和6年能登半島地震の被災事業者に資金繰り支援を要請

補助金

本記事では、中小企業庁 令和6年能登半島地震に被災事業者への資金繰り支援について解説します。

経済産業省が資金繰り支援を強化するよう要請

経済産業省は、令和6年の能登半島地震の影響を受けた事業者に対し、資金繰りに関する支援を強化するよう金融機関に要請しました。これには、災害によるダメージを受けた事業者の実態を理解し、柔軟かつ迅速な支援を行うことが含まれています。また、事業の再建や再チャレンジを支援し、他の金融機関や支援機関との連携を強化することも求められています。具体的な支援策としては、セーフティネット保証4号や日本政策金融公庫の災害復旧貸付の積極的な活用が挙げられます。

経済産業省から官民金融機関等に対する要請

  • 災害の状況や資金需要等を勘案して、災害の影響を受けている事業者に最大限寄り添った柔軟かつきめ細かな支援を徹底すること。その際、災害の影響を受けた事業者の実態把握に努めること。
  • 災害の影響を受けた事業者の実態やニーズを適切に把握した上で、足もとの資金繰り支援にとどまらない、事業者の実情に応じた経営改善・事業再生・再チャレンジ支援を積極的に行うこと。
  • 災害の影響を受けた事業者への支援に当たっては、他の金融機関や支援機関等との連携・協働に努めること。その際、コロナ融資などの既往債務の状況など事業者の実情を踏まえ、今回の地震を受け実施する
    • 信用保証協会が別枠で100%保証するセーフティネット保証4号、
    • 別枠で融資が受けられる日本政策金融公庫等の災害復旧貸付、

    等を積極的に活用・提案すること等を要請しました。

資金繰りに関する相談窓口

中小企業の資金繰りに関する相談はこちらです。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー