【宿泊業向け】最大1000万円の省エネ補助金!2024年度から開始

省エネ補助金

宿泊施設の省エネ設備等の導入支援

令和5年度補正予算に基づく宿泊業界向けの省エネ補助金は、複数の重要な目的に注力しています。この補助金の主な目標は、宿泊施設の持続可能性を強化することです。これは、環境への影響を減少させ、持続可能な経営モデルへの移行を支援することによって達成されます。

さらに、このプログラムは省エネ設備の導入を促進し、エネルギー効率の向上を目指しています。これにより、宿泊施設はエネルギー消費を削減し、運営コストを効率化することが可能になります。また、環境に優しい施設への投資を奨励することで、観光業界の競争力を高め、国内外の観光客を引き付けることを目指しています。

宿泊施設サステナビリティ強化支援事業の概要

補助対象事業

宿泊施設における省エネ型ボイラー太陽光発電省エネ型空調などの省エネ設備の導入を支援します。

補助内容

補助上限1000万円、補助率1/2

対象事業者

宿泊施設を運営する事業者で、特定の基準やガイドラインに沿って運営されている事業者が対象となります。

まとめ:宿泊施設サステナビリティ強化支援事業

令和5年度の補正予算に基づく観光庁の省エネ補助金は、宿泊事業者に特化して提供される予定です。この補助金を活用することで、宿泊施設はエネルギー効率の改善とサステナビリティの向上を目指すことが可能になります。省エネ補助金は、宿泊事業者にとって、経済的な支援と環境保全を同時に達成できる貴重なチャンスです。

宿泊施設サステナビリティ強化支援事業 申請相談窓口

補助金申請に関する相談窓口はこちらです。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー