独自Chat GPTで補助金申請の手間を減らす「補助金サポーター for GPTs」を開発・リリースしました。

お知らせ

レオン・ストラテジー株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:稲野 健夫、以下 レオン・ストラテジー)は、2023年11月10日、OpenAI DevDayにて発表された GPTs 機能を活用し、独自Chat GPTに補助金申請に関する相談・壁打ちができるGPTサービスを国内最速でリリースしました。

OpenAI DevDayにて

2023年11月6日、OpenAIはOpenAI DevDayで、新しいGPT-4 TurboモデルやAssistants API、マルチモーダル機能など、多数の新機能と改善を発表しました。これらは開発者がより高度なAIアプリケーションを構築することを容易にし、コストを削減することが目的です。特に注目されているのは、カスタマイズ可能、かつ一般向けに共有可能なGPTsの提供も開始したことです。

「新しいワクワクと挑戦を世界へ」をビジョンに掲げる当社は、補助金を活用して新たな事業や領域に取り組みたい中小企業を支援するため、対話型AI「ChatGPT」の活用を推進してまいります。

「補助金サポーター for GPTs 」の開発・リリース

そしてこの度、レオン・ストラテジーは、GPTsを活用して「補助金サポーター for GPTs(以下:本GPT)」を開発・リリースしました。主に、①補助金のリサーチから②具体的な活用事例の提案③事業計画書の作成支援を行ってくれる独自Chat GPTです。

将来的に補助金申請代行サービスに破壊的イノベーションを起こし、業界サービスのさらなる改善と発展に貢献するサービスとして、今後もさらなる改善や拡充を図ってまいります。

「補助金サポーター for GPTs 」は以下のURLをクリックすると利用できます。
https://chat.openai.com/g/g-9BQnnWENJ-bu-zhu-jin-sapota

  • 本GPTを使って実現できること

①補助金のリサーチ:

新型コロナウイルス以降、国や自治体による補助金予算が拡充された結果、現在ではものづくり補助金や事業再構築補助金、小規模持続化補助金、IT導入補助金など、数多くの補助金制度が設けられています。本業が忙しい中小企業の経営者にとって、補助金情報をリサーチすること自体が大きな負担となっています。そこで、本GPTとの対話を通して、自社に最適な補助金を知ることができます。

②具体的な活用事例の提案:

補助金にはそれぞれ申請要件や対象経費、補助上限、補助率など、類型ごとに満たすべき要件が設けられています。本GPTでは、使いたい対象経費や事業概要、業種・業態を入力すると、過去の採択事例を遡って、補助金ごとの具体的な活用事例を提案してくれるサービスです。初めての補助金申請で何から確認すべきか分からない経営者に対して、安心して補助金申請を進めることができます。

③事業計画書の作成アシスタント:

補助金に採択されるには、補助事業の目的や審査観点に沿った事業計画書を策定することが重要です。本GPTでは、補助金ごとの採択事例をインプットし、ユーザーに補助事業計画を提案してくれます。その結果、通常80時間ほど掛かる補助事業計画の作成の手間を半減し、企業の申請負担を減らします。

目指すは中小企業の補助金活用の促進

昨今の新型コロナウイルスや急速な円安による物価高騰の影響を受ける中小企業は67.3%と言われており、事業の構造改革及び新たな収益の柱となる新領域を模索は喫緊の課題です。補助金はそういった中小企業のチャレンジを応援する心強い味方となりますが、制度の活用率はもわずか6%、理解率は16.8%(中小企業庁調べ)に留まっているのが現状です。

本取り組みにより補助金活用のハードルを圧倒的に下げ、日本の99.7%を占める中小企業400万社の補助金の活用促進、そして中長期的な事業成長に繋げられる取り組みになることを目指しています。

Chat GPTについて

ChatGPTはOpenAIが2022年11月にサービスを開始した対話型AIモデルです。わずか2か月でアクティブユーザー数2億人を突破し、将来的に検索エンジンに代替される日が来るといわれています。ChatGPTはGPT-3.5と呼ばれる言語モデルをベースにしており、人間に近い自然な会話を生成することができるのが特徴です。RLHF (=Reinforcement Learning from Human Feedback/人間のフィードバックを用いた強化学習) により訓練されており、不正確な情報を出力しないように調整されています。

レオン・ストラテジーについて

レオン・ストラテジーは、2023年に「新しいワクワクと挑戦を世界へ」という明確なビジョンのもとに設立されました。我々は、未来をつくる経営者たちの夢やアイデアが、資金の課題や厳しい経営環境によって挫折しないように、全力でサポートします。そのための強固なパートナーシップを築き上げ、一緒に新たなチャレンジへと踏み出すことが、私たちの使命です。

代表者   :代表取締役 稲野 健夫
事業内容  :資金調達コンサルティング
ウェブサイト:https://www.leon-strategy.com
所在地   :東京都目黒区碑文谷六丁目1番22号

プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000115136.html

相談窓口

「補助金サポーター for GPTs」に関するご相談はこちらです。フォームを送信すると担当者が詳しい内容をご説明します。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー