【2024年】展示会出展に使える補助金を最新解説

補助金

2024年に入り社会・経済活動はコロナ前と変わらない水準にまで回復し、屋外での外出や活動も活発になりました。そういった中で、これまで下火となっていた展示会需要も大きく伸びています。新しい顧客を獲得し、業界内でのネットワーキングを行い、自社製品やサービスを宣伝する絶好の機会が展示会です。しかし、出展には多額の費用がかかるため、多くの中小企業にとっては大きな負担となります。

そこで本記事では、2024年度に中小企業が展示会出展に使える補助金を紹介します。

2024年 展示会に使える補助金は3つ

展示会出展に使える補助金は以下の3つです。

  1. 小規模事業者持続化補助金
  2. 令和6年度 展示会出展助成事業
  3. 東京都支援製品の市場開拓助成

それぞれ詳しく解説していきます。

小規模事業者持続化補助金

持続化補助金は全国で最も使われている補助金です。2024年では計5回の公募が予定されています。通常枠の補助上限は50万円ですが、それ以外の申請枠だと200万円となります。

この補助金は小規模事業者の販路開拓や業務効率化の取組みに必要な経費の一部を補助します。もちろん、展示会の出展費用も補助対象です。補助額は最大250万円、補助率は2/3~3/4です。具体的には、出展小間料、装飾費、配布物の制作、交通宿泊費、人件費などあらゆる経費が補助対象となりえます。

【小規模事業者持続化補助金 最新の申請枠や要件等を解説】

※小規模事業者持続化補助金 第16回の最新情報を解説

災害支援枠が2024年2月から開始

中小企業庁は2024年1月25日、能登半島地震で被害を受けた石川、富山、新潟、福井の4県の小規模事業者を支援する新たな取り組みとして、「小規模事業者持続化補助金」に「災害支援枠」を設置し、2月1日から第1次申請受付を開始すると発表しました。

【最新】持続化補助金の災害支援枠を解説

令和6年度 展示会出展助成事業

展示会出展助成事業は最大150万円、補助率2/3の条件で、展示会出展にかかる経費を補助してくれる補助金です。

本補助金の特徴は、2024年度中公募が第10回までとかなり多く設けれられています。また毎月公募締切があるため、自分の都合の良いタイミングで申請することができます。https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/r6tenjikai.html

対象となる経費としては、出展小間料はもちろん、オンライン出店料や資材費や搬送費なども対象になります。

令和6年度 市場開拓助成事業

こちらの補助金は海外も含む展示会出展等の販売促進費用を助成してくれる補助席です。令和6年度第1回公募の締め切りは2024年5月16日となっております。

市場開拓助成事業バナー

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/shijo.html

令和6年度市場開拓助成事業の助成上限は300万円、補助率は1/2となっています。最大の特徴としては、海外展示会やオンライン展示会も対象となる点です。

その他自社のHPや配布物の製作費用も補助対象経費ですので、かなり補助対象の幅が広くなっています。

2024年は展示会出展の補助金が沢山!

本記事では、2024年度に中小企業が展示会出展に使える補助金を3つご紹介しました。様々な展示会の出店機会がある中、少しでも費用負担を減らして実施されたい方はぜひ、補助金の併用も視野にご検討いただければと思います。そのサポートは弊社の専門スタッフが安心して行わせていただきます。

補助金相談窓口

補助金の問い合わせ窓口はこちら。事業内容や財務状況に合わせた最適な補助金提案を無料で行っています。


DL推奨!2024年5月版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

 

今すぐ無料で受け取る

公式LINE登録者には補助金リスト配布中!

公式LINEから補助金の専門家に24時間無料でチャット相談(通常5分以内)ができます。今なら友達追加で2024年度補助金リストを無料プレゼント中!お気軽にご相談ください。

  友だち追加  

補助金リストほしい方向け

ダウンロードはこちら

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー