農業における省力化投資補助金の活用事例を解説

省力化投資補助金

2023年11月9日に発表された省力化補助金ですが、農業において、一体どのように活用できるのか気になっている人も多いでしょう。今回は、省力化補助金の農業分野における活用事例や対象経費を解説します。

こちらはあくまでも執筆時点の予測も交えて解説しています。最新情報が公開され次第更新します。

省力化投資補助金 概要

中小企業省力化投資補助金は、2024年から開始される新しい補助金で、中小企業や個人事業主の省人化・省力化を目的としています。この補助金は、AIやロボットの導入を促進し、中小企業の省人化・省力化を支援することを目指しています​​。

経済産業省は、補助金のために1000億円を補正予算案に盛り込む方針であり、製造業や飲食業、宿泊業など幅広い業種に対して、労働集約的な作業の自動化・効率化を支援することを目標としています​。

省力化投資補助金 補助率・補助額

補助額は従業員数に応じて変わり、従業員数5人以下の企業では200万円、6〜20人の企業では500万円、21人以上の企業では1000万円が上限となります。賃上げ要件を達成した場合、これらの金額はさらに引き上げられる予定です。補助率は一律で1/2とされています

Tips省力化補助金の詳細は【省力化補助金とは?最新情報を速報解説!】で解説しています。

省力化投資補助金 農業分野の活用がおすすめ

農業分野での省力化補助金の利用は、作業効率の向上と生産性の向上を促します。

①省力化補助金はAI・ロボット導入は補助対象

この補助金では、AIシステムやロボット技術の開発費用、機械装置の購入費、システム構築に必要な費用などが対象とされます。これにより、農業事業者は技術革新を推進し、効率的な農業経営を行うための費用負担を大きく軽減することが可能になります。

②省力化補助金は最大1/2補助される

農業分野において、新設された省力化投資補助金のを最大1/2まで申請することが可能です。この補助金の成長枠では、自動収穫機器やAIに基づく作物管理システム、先進的な灌漑システムなどが対象に含まれる見込みです。

③省力化投資補助枠に申請できる

省力化投資補助金では、従業員数によって補助上限が決まっています。例えば、省力化投資補助枠(カタログ型)では、従業員21名以上の場合最大2,000万円、補助率1/2です。つまり、4,000万円の省力化投資に対して、2,000万円が補助されます。

【省力化投資補助枠(カタログ型)】
従業員数5人以下:200万円(300万円)
従業員数6~20人:500万円(750万円)
従業員数21人以上:1000万円(1500万円)

ポイント農業における省力化補助金の活用は、作業効率の向上と経営効率化を実現し、農業分野における革新的な進展を促進します。

今すぐ無料相談

省力化補助金 農業分野の対象経費

農業分野において省力化投資補助金の対象となり得る製品に関して、以下をご紹介します。

自動収穫ロボット

自動収穫ロボットは、果物や野菜などの収穫作業を自動化する機器です。カメラやセンサーを活用して収穫すべき作物を識別し、適切なタイミングで収穫します。これにより、収穫作業の時間短縮と作業者の肉体的負担軽減が期待されます。

自動植付け機

自動植付け機は、種や苗を土地に植える作業を自動化する装置です。正確な位置決めとスピードで作業を行い、労働力を大幅に削減するとともに、植付けの品質向上にも寄与します。

農業用ロボットトラクター

自動運転技術を用いたロボットトラクターは、耕作や土壌の整備などを自動で行います。GPSや各種センサーを利用して、高精度で作業を実施し、作業の効率化と人手不足の解消に貢献します。

これらの製品は、労働力不足に悩む農業分野において、作業の効率化と省力化を実現するための重要な手段となるでしょう。

農業分野のAI・ロボット導入事例

農業分野での省力化補助金の活用により、作業の効率化と生産性の向上が期待されます。

熟練者の農業用ロボット導入はマイナス効果……稲作でのロボット活用の課題 | 農業とITの未来メディア「SMART AGRI(スマートアグリ)」

自動収穫システムの活用

自動化された収穫システムを利用することで、手作業での時間がかかる収穫作業が高速化されます。たとえば、AGRIST社のピーマン自動収穫ロボット「L」は、大きなピーマンのみを選別して収穫し、効率的な収穫を実現します​​。

農業ロボットによる自動化

作物の選別や運搬を自動化するロボット技術が導入され、従業員の肉体的負担が軽減されます。例えば、レグミンの自律走行型農業ロボットは、耕作地の地形や畝の形状を認識して高精度で自律走行することができます​​。

スマート農業技術の導入

センサーやAIを用いたスマート農業技術の導入は、例えばSmall Robot CompanyのTOMのように、農場を自動走行しながら雑草を検知し、ピンポイントで除草剤を散布することで、エネルギー効率を高め、農業の運営コストを削減します​​。

結論これらの技術革新は、省力化補助金を活用することで農業に導入され、作業の効率化、生産性の向上、そして労働環境の改善が期待されます。

省力化補助金 相談窓口

省力化補助金の活用事例に関する相談はこちらです。


まとめ:省力化補助金がもたらす農業の革新

レオストの記事では、農業分野における新たに発表された省力化投資補助金に焦点を当てています。この補助金は、2024年から中小企業や個人事業主を対象に、労働力の削減と効率化を目的としています。

補助額は従業員数により異なり、上限は200万円から1000万円まで。補助対象経費にはAIシステムやロボット技術の開発費用などが含まれ、農業分野では自動収穫ロボットや自動植付け機、農業用ロボットトラクターなどが利用されます。

Tipsこれらのメリットを踏まえ、省力化補助金の活用を積極的に検討することをお勧めします。

DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー