飲食業における省力化投資補助金の活用事例を解説

省力化投資補助金

2024年度から開始される省力化投資補助金ですが、飲食業において、一体どのように活用できるのか気になっている人も多いでしょう。今回は省力化投資補助金の概要や飲食業における具体的な事例について解説していきます。

中小企業省力化投資補助事業とは

中小企業省力化投資補助事業(省力化投資補助金)は、中小企業の省人化・省力化の取組みを支援する補助金です。DX・IoT・AI導入などに係る費用を最大1,500万円、補助率1/2の条件で補助します。

上記の資料によると「中小企業省力化投資補助事業(省力化投資補助金)」の令和5年度補正予算案額は1,000億円となっています。

【2024年度】省力化投資補助金の対象となる取組みや経費

省力化投資補助金は大きく①省人化②省力化の取組みに利用することができます。

省力化投資補助金の詳細は【省力化投資補助金とは?最新情報を速報解説!】で解説しています。

①省人化の取組み:人的工数を削減

省人化とは、業務の工程を見直して、不要な作業を省くことなどにより、人的工数の削減を図ることです。

省人化の取組み例たとえば、今までは人の手で行っていた質問への回答を、AIが担うことで、電話対応のスタッフを減らすことができます。これにより、人的リソースを他の重要な業務に振り向けることが可能になります。

②省力化の取組み:作業負担の軽減

次に省力化の取り組みです。こちらは、人員を削減するのではなく、従業員の作業負担を軽減し、生産性の向上を図ることを目的としています。

省力化の取組み例一例として、文書作成に生成AIや人工知能を利用ことがあります。AIがスクリプト原案の作成を支援することで、圧倒的な時間の短縮と効率化が図れます。これにより、従業員はよりクリエイティブな業務に集中¥、生産性の向上につながります。

そもそも飲食業におけるDXとは

そもそもDXとはどういった定義なのでしょうか。

経産省によれば、DXとは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義されています。

DXの定義とは?簡潔にまとめると、DXとはデジタル技術の活用を通して業務やサービスを変革し、企業価値を向上させる取り組みです。飲食業におけるDXも、この基本路線は変わりません。

レストランや店舗における飲食DXの必要性と背景

飲食業におけるDXの必要性と背景の主な理由を解説します。

人手不足の解決

新型コロナウイルスの影響で飲食業界は深刻な人手不足に直面しています。帝国データバンクの調査によると、飲食業者の多くが正社員や非正規社員の不足を経験しています。少子高齢化の影響で労働力が減少する中、デジタル技術を活用して業務を効率化することは、今後の長期戦略として不可欠です。

アフターコロナ時代のニーズへの対応

コロナウイルスは飲食業界の顧客ニーズに大きな変化をもたらしました。多くの顧客が非接触型サービスや自動化を好むようになり、チェックインや清掃など従来の対面サービスをデジタル化する必要が生じています。これに対応するためには、新しい技術の導入とサービスの再構築が求められます。

労働環境の改善

飲食業界は従来から過酷な労働環境と高い離職率に直面していました。特にコロナ禍での人手不足はこの問題を悪化させています。DXを通じて業務を根本的に改革し、より良い労働環境を提供することは、持続可能な経営のためにも重要です。

今すぐ無料相談

省力化投資補助金が使える飲食業のDX事例3選

配膳ロボットに関する世代別の意識調査】飲食店での配膳ロボット接客、「抵抗感なし」シニア世代が最も多く半数の49.5%が回答!Z世代の見解は? | DFA Robotics

①モバイルオーダーシステムによる省力化

飲食業界では、モバイルオーダーシステムの導入により、注文と会計のプロセスが大幅に効率化されます。このシステムを利用することで、スタッフは注文受付から解放され、より重要な業務に集中できるようになります。結果として、人件費の削減と業務の効率向上が実現します。

②配膳ロボットによる省人化

配膳ロボットを活用することで、飲食店のサービスが効率化されます。これらのロボットが料理をテーブルまで運ぶ役割を担うことにより、スタッフは顧客対応やその他の重要な業務に集中できます。結果として、人手不足の課題が軽減され、店舗運営がよりスムーズになります。

③予約管理とキャッシュレス決済の導入

予約管理システムを取り入れることで、顧客の予約手続きが簡単になり、店側の管理作業も楽になります。さらに、キャッシュレス決済を導入することで支払いプロセスが迅速化し、顧客の待ち時間が削減されます。この両方の技術を融合させることで、顧客体験が向上し、同時に店舗の運営効率も高まることが期待されます。

飲食業に省力化投資補助金がおすすめな理由

①飲食業は補助対象!

飲食業は省力化投資補助金の補助対象です。この機会に長期的な経営戦略として自社のDX化を推進できると競争優位性及び自社の課題解決につながります。

②最大1,500万円が補助(補助率1/2)

省力化投資補助金では、最大1,500万円、補助率1/2の経費が補助されます。新たに設備投資を行い、自社の省力化やDX化を検討する事業者にとって強力な後押しとなることでしょう。

③顧客体験・満足度の向上

顧客との対面サービスは、飲食業の成功に不可欠です。最新技術の導入によりDX推進を図れれば、キッチンや他の裏方業務が効率化されて、従業員は顧客対応により多くの時間を割けるようになります。これは、顧客満足度の向上や、よりパーソナライズされたサービス提供につながります。

省力化投資補助金を活用することは、業務の効率化、顧客満足度の向上、および経済的な利益の向上につながるため、積極的に申請を検討していきましょう。

省力化投資補助金 相談窓口

多くの業界が人手不足の問題に直面しており、この課題に対処するため省力化投資補助金の活用がますます重要になるでしょう。詳しくは下記よりご相談ください。


補助金相談は専門家まで!補助金申請のプロセスは複雑な場合が多く、適切なガイダンスが成功の鍵となります。早期の申請準備と計画的なアプローチにより、補助金の活用を最大限に引き出しましょう。専門家によるサポートを活用して、省力化投資の機会を逃さないようにしましょう。

DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー