建設業における省力化投資補助金 の活用事例を解説

省力化投資補助金

2024年度から開始される省力化投資補助金ですが、建設業において、一体どのように活用できるのか気になっている人も多いでしょう。今回は省力化投資補助金の概要や建設業界における具体的なDX・IoT・AI導入事例について解説していきます。

中小企業省力化投資補助事業とは

中小企業省力化投資補助事業(省力化投資補助金)は、中小企業の省人化・省力化の取組みを支援する補助金です。DX・IoT・AI導入などに係る費用を最大1,500万円、補助率1/2の条件で補助します。

上記の資料によると「中小企業省力化投資補助事業(省力化投資補助金)」の令和5年度補正予算案額は1,000億円となっています。

省力化補助金の詳細は【省力化投資補助金とは?最新情報を速報解説!】で解説しています。

【2024年度】省力化投資補助金の対象となる取組みや経費

省力化投資補助金は大きく①省人化②省力化の取組みに利用することができます。

①省人化の取組み:人的工数を削減

省人化とは、業務の工程を見直して、不要な作業を省くことなどにより、人的工数の削減を図ることです。

省人化の取組み例たとえば、今までは人の手で行っていた質問への回答を、AIが担うことで、電話対応のスタッフを減らすことができます。これにより、人的リソースを他の重要な業務に振り向けることが可能になります。

②省力化の取組み:作業負担の軽減

次に省力化の取り組みです。こちらは、人員を削減するのではなく、従業員の作業負担を軽減し、生産性の向上を図ることを目的としています。

省力化の取組み例一例として、文書作成に生成AIや人工知能を利用ことがあります。AIがスクリプト原案の作成を支援することで、圧倒的な時間の短縮と効率化が図れます。これにより、従業員はよりクリエイティブな業務に集中でき、生産性の向上につながります。

今すぐ無料相談

建設業におけるDXとは

建設業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)は、AI、IoT、3Dモデリング、ARなどの先進デジタル技術を駆使して、建設プロセス全般の効率化、業務自動化の推進、さらにはビジネスモデルの革新を目指す取り組みです。

特に、建設業界は人材不足、技能伝承の課題、現場の危険性、長時間労働の問題など、独自の課題を抱えています。これらの問題に対し、最新の技術やツールを導入することで、解決策が提供されることが期待されています。

DXの定義簡潔にまとめると、DXとはデジタル技術の活用を通して業務やサービスを変革し、企業価値を向上させる取り組みです。建設業におけるDXも、この基本路線は変わりません。

省力化投資補助金で建設業のDXを推進

建設業分野での省力化投資補助金の活用により、作業の効率化と生産性の向上が期待されます。建設DXの必要性からメリットや関連技術、国の取り組みまで解説

BIM/CIMの導入

BIM(Building Information Modeling)とCIM(Construction Information Modeling)は、建設プロセス全体の効率化と品質向上を目的としています。3次元モデリングを利用することで、従来の2次元図面に依存するアナログ作業からの脱却を図り、設計ミスの減少や迅速な情報共有が可能になります。省力化投資補助金を活用することで、このような高度なテクノロジーの導入が可能となります。

AIによる画像認識とセンサーの導入

建設現場でのAI技術の応用は、省力化投資補助金の支援により一層推進されるでしょう。AIの画像認識技術やセンサーの使用することで、建設現場の安全性と効率を大幅に向上させることが可能です。

例えば、建設機械をAIが自律制御することで、無人でも一定の操作が可能になるなど、AIによる自動化が進んでいます。さらに、AIによる建設機械の自律制御は無人での作業を可能にし、危険な現場作業の削減や安全性の向上つなげられます。

ARとVRの活用

AR(拡張現実)の活用:AR(拡張現実)は、現実の風景にデジタル情報を重ね合わせて、視覚体験を拡張する技術です。建設業界において、ARはプロジェクトの視覚的な理解を深める強力なツールとして活用されます。たとえば、建設現場に完成後イメージを重ね合わせることで、立地の適合性や周辺環境との調和を事前に評価できます。

VR(仮想現実)の導入:一方で、VR(仮想現実)はユーザーを全く異なる環境や空間に没入させる技術です。VRの最大の特徴は、高い空間再現度にあります。建設現場でのVRの活用は、実際の施工前にデザインや計画を立体的に検証するために非常に有用です。

建設業界のデジタル変革これらの技術は、建設業界においてプロジェクトの計画、実行、安全管理を効果的にサポートし、業務の効率化と安全性向上に大きく寄与しています。建設プロジェクトの成功に向けた重要なソリューションとして、省力化投資補助金を契機にさらに導入が進むことが期待されます。

省力化投資補助金による建設業のDX効果

作業効率と品質の向上(大成建設)

先進技術の導入、特にBIM/CIMのような3DモデリングツールやAI、ロボット技術を利用することで、建設プロセスが効率化されます。これにより、設計ミスの減少、正確な情報共有、工期の短縮、コスト削減が実現可能になります。

例えば、大成建設では、建設現場での品質向上と安全確認のために、遠隔巡視システム「T-iRemote Inspection」を導入しました。このシステムにより、カメラや双方向コミュニケーション機能を搭載したロボットが、時間や場所に関係なく巡視業務を行えるようになりました。

安全性の向上(竹中工務店と鹿島建設)

建設業界では、現場の安全性が常に重要な課題です。AIによる画像認識やセンサー技術、遠隔操作システムなどの技術を導入することで、作業員の安全を大幅に向上させることができます。これらの技術は、高所作業や危険な環境でのリスクを減らし、事故の発生率を低下させる効果があります。

竹中工務店と鹿島建設では、タワークレーン遠隔操作システム「TawaRemo」を導入しました。このシステムには、臨場感を重視した専用タイプと設置が容易な簡易タイプのコックピットがあり、どこからでもタワークレーンを操作できます。高所作業のリスクを減らし、作業時間の短縮に貢献します。

新しいコミュニケーションやコラボ(小柳建設)

ARやVR、MRなどの技術は、建設プロジェクトの可視化と理解を深め、より効果的なコミュニケーションとコラボレーションを可能にします。例えば、小柳建設の「Holostruction」のような技術は、遠隔地からの仮想会議やプロジェクトの確認を容易にし、クライアントやチーム間の意思疎通を強化します。

小柳建設は、MR技術と3次元データを組み合わせた「Holostruction」を開発しました。この技術は、遠隔地からの仮想現実を確認できるもので、現場にいるかのような視点での遠隔コミュニケーションが可能です。

省力化投資補助金 相談窓口

多くの業界が人手不足の問題に直面しており、この課題に対処するために省力化投資補助金の活用がますます重要になっています。専門の相談窓口をご利用ください。


補助金相談は専門家まで!補助金申請のプロセスは複雑な場合が多く、適切なガイダンスが成功の鍵となります。早期の申請準備と計画的なアプローチにより、補助金の活用を最大限に引き出しましょう。専門家によるサポートを活用して、省力化投資の機会を逃さないようにしましょう。

DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー