ものづくり補助金 補助対象外になるNG経費例を解説

ものづくり補助金

ものづくり補助金は対象経費区であるばすべての経費が補助対象となるわけではありません。補助対象外となるNG事例ももちろんあります。これから申請をご検討の方には必ずご確認ください。

ものづくり補助金 補助対象外の経費

以下の経費はすべて補助対象外となるためご注意ください。

  1. 補助事業期間中の販売を目的とした製品、商品等の生産に係る機械装置・システム構築費以外の諸経費
    (ただし、テスト販売費のうち、原材料費については補助対象となります。また、グローバル市場開拓枠のうち、海外市場開拓(JAPANブランド)類型におけるテスト販売については原材料費以外も対象となります。テスト販売として認められる経費等についての詳細は、別紙5をご覧ください。)
  2. 工場建屋、構築物、簡易建物(ビニールハウス、コンテナ、ドームハウス等)の取得費用、及びこれらを作り上げるための組み立て用部材の取得費用
  3. 再生エネルギーの発電を行うための発電設備及び当該設備と一体不可分の附属設備
    (太陽光発電を行うためのソーラーパネルなど)
  4. 設置場所の整備工事や基礎工事に要する費用
  5. 事務所等にかかる家賃、保証金、敷金、仲介手数料、光熱水費
  6. 電話代、インターネット利用料金等の通信費
    (クラウドサービス利用費に含まれる付帯経費は除く)
  7. 商品券等の金券
  8. 文房具などの事務用品等の消耗品代、雑誌購読料、新聞代、団体等の会費
  9. 飲食、奢侈、娯楽、接待等の費用
  10. 不動産の購入費、自動車等車両*の購入費・修理費・車検費用
    *事業所や作業所内のみで走行し、公道を自走することができないものおよび税法上の車両及び運搬具に該当しないものを除きます。
  11. 税務申告、決算書作成等のために税理士、公認会計士等に支払う費用及び訴訟等のための弁護士費用
  12. 収入印紙
  13. 振込等手数料(代引手数料を含む)及び両替手数料
  14. 公租公課(消費税及び地方消費税額(以下「消費税等」という)等)
  15. 各種保険料
  16. 借入金などの支払利息及び遅延損害金
  17. 報告書等の事務局に提出する書類作成・申請に係る費用
  18. 汎用性があり、目的外使用になり得るもの
    (例えば、事務用のパソコン・プリンタ・文書作成ソフトウェア・タブレット端末・スマートフォン及びデジタル複合機)の購入費(ただし、補助事業のみに使用することが明らかなものは除く)
  19. 中古市場において広く流通していない中古機械設備など、その価格設定の適正性が明確でない中古品の購入費
    (3者以上の中古品流通事業者から型式や年式が記載された相見積もりを取得している場合等を除く)
  20. 事業にかかる自社の人件費(ソフトウェア開発等)
  21. 上記のほか、公的な資金の用途として社会通念上、不適切と認められる経費

ものづくり補助金 補助対象経費の注意点

上記に留意せず申請を進めた結果、計上されている経費の大半が補助対象外である場合、補助事業の円滑な実施が困難であるとして、不採択・採択取消になりますのでご注意ください

まとめ

以上は、不採択又は交付取消となってしまいます。十分注意して申請するようにしましょう。まずは認定支援機関に相談することがおすすめです。

事業再構築補助金の不採択又は交付取消となる要件はこちら

ものづくり補助金 申請相談窓口

ものづくり補助金に関するご相談はこちらです。フォームを送信すると担当者が詳しい内容をご説明します。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー