【事業再構築補助金】 採択後のオンライン説明会は参加必須!

事業再構築補助金

事業再構築補助金 第10回公募の結果概要

9月22日に公表された採択結果によると、10,821者の応募があり、5,205者が採択されました。採択率は、約48.1%です。事業再構築補助金第10回公募は、令和5年3月30日~令和5年6月30日まで公募が行われました。

  応募件数 採択件数 採択率
成長枠 2,734 1,242 45.4%
グリーン成長枠 631 262 41.5%
産業構造転換枠 275 102 37.1%
最低賃金枠 249 133 53.4%
物価高騰対策・回復再生応援枠 6,775 3,387 50.0%
サプライチェーン強靭化枠 157 79 50.3%
合計 10,821 5,205 48.1%
※卒業促進枠 2 0 0%
※大規模賃金引上促進枠 202 55 27.2%

第10回公募の応募と採択結果

事業再構築補助金 採択後はオンライン説明会に参加必須

今回、事業再構築補助金第10回の補助金交付候補者として採択された方からオンライン説明会への参加が義務付けられています。第9回公募の交付申請には、参加義務はありませんでしたが、今回の変更により不参加の場合は採択以降の手続き「交付申請」に移ることが出来ません。

確かに、事業再構築補助金事務局のオンライン説明会ページには以下の通り記載があります。

説明会途中で試問を行います。説明会終了後、説明会中に指示されたリンク先にて指定された時間内に回答を入力し、事業者情報を登録してください。回答に誤りがあった場合は再度説明会に参加し、新たに試問の回答をしていただくこととなります。
回答が承認され、事業者情報を登録しないと交付申請を受け付けません。
事業再構築補助金事務局

第10回の補助金交付候補者として採択された方はこちらからオンライン説明会へご参加ください。

内容(1時間程度)

  • ・事業再構築補助金の概要
  • ・提出書類について
  • ・よくある不備事項/採択取り消し
  • ・交付申請後の流れ

参加費用

無料 ※事前登録等は不要です。

参加対象

第10回公募で補助金交付候補者として採択された事業者様

説明会には参加期限があります。余裕をもって参加しておきましょう。

事業再構築補助金 申請相談窓口

事業再構築補助金に関するご相談はこちらです。フォームを送信すると担当者が詳しい内容をご説明します。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー