【飲食業者向け】事業再構築補助金で採択されるコツやおすすめのビジネスモデルを解説

事業再構築補助金

 日本の飲食業界は伝統と革新が交差する場所であり、そのダイナミズムは数多くの経営者にインスピレーションを与えてきました。しかし、コロナウイルスの大流行は、この業界の事業者に多くの困難をもたらしました。今日、我々はこの困難な時期をどのように乗り越え、新しい可能性に目を向けるかについて考えてみたいと思います。

内装は「色」が重要な役割を持つ!飲食店の内装戦略をご紹介 | 株式会社クリアデザイン|想いに寄り添う店舗設計&店舗デザイン

現状の飲食業界の市場規模と事業環境

2021年度の国内外食市場規模(持ち帰り弁当・惣菜専門店等の中食業態含む)は、末端売上高ベースで前年度比5.8%増の27兆412億円となった。前年度からの新型コロナウイルス感染拡大による店舗休業や営業時間短縮、外出制限などが緩和されたことで大きく回復した。

国内外食市場規模推移と予測

業態別に市場をみると、居酒屋・パブ・ビアレストランは回復が遅れているが、「回転すし」業態やうどん・そば店、カフェ、焼肉店などが、テイクアウトやデリバリー営業の好調に加え、店内飲食も増えたことでプラスに推移した。洋風ファストフードおよび和風ファストフードなどは企業によって明暗はあったものの、コロナ禍でも業容は底堅かったケースもあり、ダメージからの回復も早く緩やかに回復に向かった。ファミリーレストランは大量閉店や業態転換など大きな戦略転換の影響もあり、テイクアウトやデリバリー営業の立ち上がりが遅かったものの、徐々に回復に向かった。

コロナ禍における飲食事業者の困難

コロナウイルスの大流行は、飲食事業者にとって前例のない困難をもたらしました。多くのレストランが一時的に閉店を余儀なくされ、また一部は永久に閉店する事態となりました。この厳しい時期を生き抜くためには、事業者は新しい方向性を見つけ、アフターコロナの新しい市場環境に対応する必要があります。

  1. 経済的影響: コロナウイルスの大流行は、飲食業界に壊滅的な打撃を与えました。社会的距離の要件とロックダウン措置により、多くのレストランやカフェは一時的に閉店を余儀なくされ、その結果、売上が大幅に減少しました。さらに、一部の事業者は固定費の負担や人件費の支払いに苦しむ中で、永久に閉店する唯一の選択肢となりました。
  2. 消費者行動の変化: コロナウイルスの恐怖と社会的距離要件は、消費者の外食に対する行動と態度を変えました。多くの人々は外出を控え、家での食事を好むようになりました。また、デリバリーやテイクアウトの利用が増加しましたが、これらの新しい販売チャネルは、従来のレストランの収益を完全に補償するには至りませんでした。
  3. 健康と安全の要件: レストランは新しい衛生基準と安全プロトコルを導入し、従業員と客の安全を確保する必要がありました。これらの新しい要件は、運営コストを増加させ、特に小規模な飲食店にとっては財政的な負担となりました。さらに、事業者は安全に営業を続けるための新しい方法と戦略を急速に採用する必要がありました。

アフターコロナの市場見通し

コロナが終息し、社会が新しい常態へと移行する中で、飲食業界も再び活気を取り戻し始めています。しかし、消費者の行動パターンの変化やデジタル技術の進化により、飲食業界の未来は従来とは異なるものとなるでしょう。事業者はこれらの変化を理解し、新しい市場のニーズに対応する革新的なアプローチを探求する必要があります。

  1. 市場の回復: コロナウイルスの終息と共に、飲食業界は徐々に回復し始めています。しかし、完全な回復は時間がかかる可能性があり、特に一部の消費者は外出に対してまだ慎重です。新しい衛生基準と安全プロトコルの導入は、消費者の信頼を回復し、再び外食を楽しむことを可能にしています。
  2. デジタル変革: コロナウイルスの大流行は、飲食業界にデジタル変革の重要性を強調しました。オンライン注文、デリバリー、無人サービスなどのデジタル技術の導入は、新しい消費者のニーズと期待に対応するために不可欠です。これにより、飲食業界は新しい市場の機会を探求し、持続可能なビジネスモデルを開発することが可能になります。
  3. 新しいビジネスモデル: アフターコロナの時代には、飲食業界の事業者は新しいビジネスモデルと戦略を探求し、変化する市場環境に対応する必要があります。例えば、地域社会との連携、健康とウェルネスのトレンドへの対応、そしてサステナビリティを重視したビジネスプラクティスの採用など、新しい市場の機会を探求することが重要です。

今すぐ無料相談

事業再構築の事例とシナジー効果

飲食事業から新規事業への進出を考える際には、自社のリソース、知識、技術、および地域社会との関係を最大限に活用することが重要です。また、デジタル技術の活用は、新しい市場機会を探求し、効率的かつ効果的に事業を運営する手助けとなります。以下に、シナジー効果とデジタル技術の活用の観点から推奨できる新規事業案とその理由をいくつか提案します。

サブスクラインが「飲食店サブスクリプションカオスマップ 2022年度版」を公開|サブスクラインのプレスリリース

  1. オンラインフードデリバリープラットフォームの開発:
    • シナジー効果: 既存の飲食事業の知識とネットワークを利用して、地域の飲食店と連携し、オンラインで注文とデリバリーを提供するプラットフォームを開発することができます。
    • デジタル技術の活用: オンライン注文管理システム、GPSベースの配送追跡、およびデジタル決済ソリューションを利用して、顧客と飲食店の両方にとって便利で効率的なサービスを提供します。
  2. バーチャルクッキングクラスや食事キットの販売:
    • シナジー効果: 既存の飲食事業の専門知識を活用して、バーチャルクッキングクラスを提供し、食事キットを販売することで、顧客に新しい料理体験を提供します。
    • デジタル技術の活用: オンラインビデオプラットフォームとソーシャルメディアを利用して、クッキングクラスを宣伝し、顧客と直接交流し、フィードバックを収集します。
  3. 食品製造・販売:
    • シナジー効果: 既存の飲食事業のサプライチェーンと知識を活用して、新しい食品製品を開発し、オンラインおよびオフラインで販売することができます。
    • デジタル技術の活用: オンラインマーケティングと販売チャネルを活用して、新製品を広範囲に宣伝し、直接消費者に販売します。
  4. 健康とウェルネスに焦点を当てた食品やサービスの提供:シナジー効果: 既存の飲食事業のリソースを活用して、健康とウェルネスに焦点を当てた新しい食品やサービスを提供することで、健康志向の消費者セグメントにアピールします。
    • デジタル技術の活用: デジタル技術を利用して、健康と栄養に関する情報を提供し、オンラインでの予約や購入を促進します。

これらの事業案は、既存の飲食事業のリソースとデジタル技術の活用を最大限に活かすことで、新しい市場機会を探求し、事業の持続可能性と拡大を図ることができます。

事業転換の事例

国内外で多くの飲食業事業者は、コロナ禍を機に事業の多角化やデジタル変革を進め、新しいビジネスモデルを成功させています。例えば、オンライン注文システムを導入したレストランや、地域の農産物を活用した新しい食品製品を開発した事業者などがあります。

飲食店がデリバリーやECを始めるための4つの方法をプロが解説

  1. 酒米を使ったスピリッツの開発(株式会社南部美人, 岩手県二戸市): コロナ禍で開始した消毒用エタノール代替品の製造過程で得た技術や設備を活用し、岩手県二戸市の酒類製造販売企業「株式会社南部美人」は、二戸産の「浄法寺漆」、久慈市で生産される「白樺の活性炭」等の地域素材を使用したスピリッツ類(ジン、ウォッカ)の製造を決断しました。外出自粛等で飲食店や宿泊施設、酒販店等、日本酒を取り巻く業界に幅広く需要減少の影響が及んでいた中、酒米の大量廃棄が懸念されていたため、新製品のベースには酒米を使用しました。そして、日本酒を支える農家に安心して酒米を生産してもらうことが蔵元としての使命であるとの想いからこの新事業を続けています​2​。
  2. スナックから小料理屋への事業転換: 飲酒がメインとなるスナック経営がコロナの影響を大きく受けたため、立地のよさと事業者の技術とノウハウを活かし小料理屋への事業転換を図りました。スナックの主な営業時間である夜間の需要が減少していたため、昼のランチなど日中の営業時間へシフトさせることで需要を喚起しました​1​。
  3. 焼き鳥居酒屋から冷凍調理食品製造業への業種転換: 会食の激減と今後の集客に対する不安から、焼き鳥を提供する居酒屋は冷凍調理食品の製造業へと事業を転換しました。この新しい事業では、店舗での飲食よりも冷凍食品の販売をメインとしました​1​。

新規事業において検討すべき項目

飲食事業者が新規事業を検討する際には、以下のポイントや経営目標、そして数値を考慮することが重要です。

1. 市場分析とリサーチ:

  • 市場ニーズ: 新規事業のアイデアが市場のどのようなニーズを満たすのかを理解すること。
  • 競合分析: 既存の競合との比較で自社の強み、弱み、機会、そして脅威を評価すること。
  • ターゲット市場: どの顧客セグメントをターゲットにするのかを明確にし、そのセグメントのサイズと成長の見通しを理解すること。

2. 財務計画:

  • 初期投資: 新規事業の立ち上げに必要な初期投資を計算し、資金調達の計画を立てること。
  • 収益予測: 収益の成長見通しと収益化までの時間を予測すること。
  • 費用管理: 固定費、変動費、および予期せぬ費用を見積もり、費用を管理するプランを立てること。

3. 運営戦略:

  • オペレーショナルエクセレンス: 効率的かつ効果的な運営プロセスを設計し、実装すること。
  • 技術の活用: 業務効率化と顧客体験の向上のためにデジタル技術を活用すること。
  • 品質管理: 顧客満足度を保ち、維持するための品質管理プロセスを確立すること。

4. マーケティングと販売戦略:

  • ブランディング: 強力なブランドアイデンティティを構築し、市場における位置付けを明確にすること。
  • プロモーション: 効果的なマーケティングとプロモーション戦略を開発し、顧客獲得とロイヤルティの向上を図ること。
  • 販売チャネル: 最適な販売チャネルを選定し、販売戦略を開発すること。

5. パフォーマンスメトリクスと評価:

  • KPI(重要業績評価指標): 新規事業の成功を測定するためのキーパフォーマンスインジケーター(KPI)を設定し、定期的に評価すること。
  • 顧客フィードバック: 顧客からのフィードバックを収集し、事業の改善と成長のために使用すること。
  • 持続可能な成長: 長期的な成功と持続可能な成長のための戦略を考え、実装すること。

これらのポイントと目標を網羅し、適切な数値を設定することで、飲食事業者は新規事業の成功の可能性を高め、リスクを最小限に抑えることができます。

事業再構築補助金で採択されるコツ

飲食事業者が事業再構築補助金に採択されるためには、事業計画の作成に際して十分な注意と努力が必要です。以下に、採択される可能性を高めるための3つのコツを詳細に説明します。

1. 明確で実現可能な目標の設定:

事業計画を作成する際の最初のステップは、明確で実現可能な目標を設定することです。これには、事業再構築補助金をどのように使用するか、補助金があなたの事業にどのような影響を与えるかを明示することが含まれます。目標は具体的かつ測定可能でなければならず、事業の長期的な成功にどのように貢献するかを示すものでなければなりません。目標設定の際には、市場分析、財務予測、そして競合分析を含む包括的なリサーチを行うことが重要です。これにより、事業計画の実現可能性と補助金申請の説得力を強化することができます。

2. 詳細な実行計画の提示:

補助金の審査者は、申請者が計画を効果的に実行できる能力を持っていることを確認するために、詳細な実行計画を求めるでしょう。実行計画には、補助金を受けた後の具体的なアクションプラン、タイムライン、責任者、および達成すべきマイルストーンを明示することが求められます。また、予期せぬ困難やリスクに対処するための戦略も考慮し、計画に組み込むことが重要です。これにより、事業計画の実現可能性と持続可能性を強調し、補助金の審査者に対して計画の信頼性を示すことができます。

3. 財務の透明性と予測:

財務計画は事業計画の核心部分であり、補助金の審査者にとって重要な評価ポイントとなります。財務計画には、補助金の使途、初期投資、収益予測、費用見積もり、そしてリターンオンインベストメント(ROI)の計算を含めることが求められます。財務の透明性と正確な予測は、事業計画の信頼性と実現可能性を裏付けるものであり、補助金の審査者に対して、資金が適切に使用され、計画された目標が達成されることを保証するものとなります。

まとめ

飲食業界は今、未来に向けて新しいステップを踏み出す絶好の機会を迎えています。補助金を活用し、新規事業の可能性を探ることで、飲食業事業者は持続可能で革新的なビジネスモデルを築くことができるでしょう。さあ、新しい未来に向けて一歩を踏み出しましょう。

事業再構築補助金 申請相談窓口

事業再構築補助金に関するご相談はこちらです。フォームを送信すると担当者が詳しい内容をご説明します。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー