事業再構築補助金で「チャットGPT開発」は申請可能!採択事例やAI市場を解説

事業再構築補助金

事業再構築補助金を活用し、時代の先端を行くChatGPT事業を始めてみませんか?事業再構築補助金によりシステム開発費や広告宣伝費が補助され、ChatGPT事業の初期投資を大幅に削減可能です。さらに、AI市場の拡大と共に、ChatGPTは日本企業のデジタルトランスフォーメーションを推進し、労働力不足問題を解決する強力なソリューションとなり得ます。詳細は本記事で解説します。

チャットGPTとは

チャットGPT(ジーピーティー)とは、アメリカのOpen AI社が開発した、人工知能(AI)を使ったチャットサービスのこと。 人間の質問に対してまるで人間のように自然に答える技術を搭載しており、自然な会話ができることで話題となり、利用者も急増しています。名前の「GPT」は「Generative Pre-trained Transformer」の略で、大量のテキストデータを学習して、人間のように自然なテキストを生成することができる技術を指します。

人間のように自然なテキストを生成できるため、コミュニケーションを助けたり、作業を効率化することが期待できます。チャットGPTは、人間とコンピュータのコミュニケーションをより自然で効果的にするための強力なツールであり、その利便性と能力により多くの業界で利用が拡大しています。

事業再構築補助金とは

事業再構築補助金とは、ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の事業再構築を支援し、日本経済の構造転換を目的とした補助金制度です。

この補助金は、補助対象となる経費の範囲が広く、補助上限が1.5億円・補助率も2/3の大型の制度です。また、補助金は返済の必要がないため、上手に活用すれば、ビジネスのコスト軽減が可能です。

【最新】事業再構築補助金とは?補助額や申請要件、採択傾向を解説

事業再構築補助金 チャットGPTの採択例

チャットGPTは事業再構築補助金でも活用可能です。採択事業としては、カスタマーサポート、仮想アシスタント、コンテンツ作成など、多くの実績があります。実際に採択事例もあるため、十分に採択を狙えます。

  1. AI機能でChatGPTを活用した情報提供サービス
    • リアルタイムに最新のニュース・情報を独自のAIアルゴリズムを組み込んだチャットソフトによって、企業側が望む、そしてユーザーに適した必要な情報のみ抽出。WEBや携帯へ自動
      通知するサービス。
  2. 短期間で実用ノウハウを習得する企業向けChatGPT活用研修サービスの開始
    • ChatGPTを活用して高度な業務効率化などに取り組みたい企業の企画・広報・CS部門等の担当者向けの研修サービスとして、専用の研修システムを構築して短時間で効率的・効果
      的に実用的なChatGPT活用法を習得できる研修サービスを提供する。
  3. ChatGPTを活用した起業家支援DX化事業
    • スタートアップの育成に向けて、システムと人とがハイブリッドで起業志願者を支援する事業。起業志願者による充実した事業計画書の作成を伴走的に支援する。

事業再構築補助金がおすすめな理由3つ

How to Use Chat GPT

全国には事業に活用できる補助金が沢山ありますが、チャットGPTを始めるための補助金をお探しなら、事業再構築補助金のご活用を強くおすすめします。その理由は以下の3つです。

チャットGPT開発は補助対象経費

チャットGPTで最も費用がかかるのは開発費です。自社プロダクト開発を行う場合は、機械装置・システム構築費なども必要となります。事業再構築補助金では外注費用やシステム開発費用は補助の対象となるので、非常に大きな支援を得ることができます。

【事業再構築補助金の補助対象経費】

  • 建物費
  • 機械装置・システム構築費
  • 技術導入費
  • 専門家経費
  • 運搬費
  • クラウドサービス利用費
  • 外注費
  • 知的財産権等関連経費
  • 広告宣伝費
  • 研修費

上記の通り、事業再構築補助金では経費として、改装費以外にもシステム開発費や広告宣伝費、外注費なども認められます。補助対象経費として認められる経費が多く、チャットGPTを開始するにあたって必要な経費の大部分が補助されるため、大変心強いサポートになるでしょう。

【最新】事業再構築補助金 対象経費と具体例を解説

成長枠に申請できる

チャットGPT事業は、第10回公募から新設された事業再構築補助金の成長枠において対象となる業種・業態に指定されています。つまり、成長枠でチャットGPT事業は申請可能です。市場拡大する根拠として、下記の資料が公表されています。チャットGPTを検討されている方は、事業環境の分析やカスタマーニーズの把握、ビジネスモデル検討の参考にご活用ください。

補助金で初期投資を抑えられる

先述の成長枠なら最大7,000万円が最大2/3補助されます。他の代表的な補助金である持続化補助金は最大250万円、ものづくり補助金は最大1,250万円のため、事業再構築補助金では補助される金額が非常に大きいとと言えます。さらに、チャットGPT事業は大きな初期投資が必要となるビジネスモデルです。初期コストを金融機関の融資などで乗り切ることも検討可能ですが、事業再構築補助金なら自己負担が最大1/4(75%減)となる可能性があります。

事業再構築補助金 【成長枠】の要件等を解説

上記の通り、事業再構築補助金であれば必要な経費が幅広く対象となるだけでなく、補助金額の大きな成長枠にも申請できるため始めるため、チャットGPT事業に適した補助金です。

今すぐ無料相談

チャットGPTの市場規模(2032年に180兆円)

野村総研によれば、OpenAI社が2022年11月に公開したChatGPTは、公開2か月で世界のユーザー数が1億人に達するほど急速に拡大しています。Openai.comへのアクセス数を見ると、日本からのアクセス数は4月中旬に746万/日に達し、トラフィックシェアは、米国、インドに次いで3番目に多いです。

relates to ChatGPTがけん引、生成AI市場は10年以内に180兆円に拡大へ-BI

世界的にみると、オープンAIの「ChatGPT(チャットGPT)」やグーグルの「Bard(バード)」など、消費者向け人工知能(AI)ツールのリリースによって10年にわたるブームが起き、生成AI市場は2032年までに売上高ベースで1兆3000億ドル(約180兆円)規模と、昨年の400億ドルから大きく成長する見通しです。

チャットGPT市場の動向予測「生成AIセクターは今後10年間に爆発的な成長が見込まれ、それがテクノロジー業界の仕組みを根本的に変えていくことが期待される」と分析。AIの技術がITや広告向け支出、サイバーセキュリティーの重要な部分を占めていくようになると予測されています。

チャットGPT関連市場の成長性

○デジタルトランスフォーメーションの推進

日本は技術革新の先駆者であり、多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを進めています。チャットGPTのような先進的な人工知能技術は、この変革の一環として導入される可能性が高いです。特に、チャットGPTはコミュニケーションの効率化やカスタマーサービスの向上、コンテンツ生成の自動化など、多くの用途で利用できるため、企業や組織はこの技術を活用して業務の効率化やサービスの質の向上を図ることができます。また、日本の企業はグローバルな競争力を保つために、最新の技術を採用する傾向にあり、これがチャットGPT市場の拡大を支える要因となります。

○国内の深刻な労働力不足問題を解決

日本は高齢化社会であり、労働力の不足が慢性的な問題となっています。チャットGPTのような人工知能技術は、人手不足の解消や労働力の効率化に貢献する可能性があります。特に、カスタマーサポートやデータ入力、文章作成などの単純作業を自動化することで、人間の労働力をより創造的かつ価値の高い作業に集中させることができます。また、チャットGPTは24時間365日稼働可能であり、時間や場所に制約されずにサービスを提供することができるため、企業や組織のサービス提供能力を向上させることが期待できます。

○デジタルコミュニケーションの進化

スマートフォンやインターネットの普及に伴い、消費者はデジタルな接触点を通じてサービスや情報を求める傾向が強まっています。チャットGPTはウェブサイトやアプリケーション上で簡単に導入でき、消費者との直接的なコミュニケーションを提供することができます。また、チャットGPTは自然な言葉でコミュニケーションをとることができるため、消費者はより人間らしい対話体験を得ることができます。このように、チャットGPTは消費者のデジタル接触の増加とともに、企業や組織のデジタルコミュニケーションの質を向上させる要因となります。

チャットGPTのユースケース

日本の人材紹介市場においてAIや人工知能を取り入れたサービスの事例をいくつか紹介します。これらのサービスは、AI技術を活用して、求職者と企業のマッチングを効率化し、より正確に行うことが可能になっています。

ChatGPT vs Google BARD vs Bing Chat: Everything You Need to Know

サイバーエージェントのケース サイバーエージェントはマーケティング業務にChatGPTを活用しています​。
大和証券株式会社のケース 大和証券株式会社では企画書や戦略立案にChatGPTを利用しています​。
パナソニックコネクトの活用モデル パナソニックコネクトは入社式でChatGPTを利用し、AIが考えた社長のスピーチを行いました​。

これらのサービス事例は、AI技術が人材紹介市場においてどのように利用され、どのようなメリットを提供できるのかを示しています。また、他の多くの事例もあるでしょうが、これらの事例はAIがチャットGPT界における効率化と精度の向上にどのように貢献できるのかを理解する上で参考になります。

チャットGPTとのシナジーがある業種・業態

チャットGPT市場への参入は、以下の業界などにシナジー効果をもたらす可能性があります。以下にその業種をいくつか挙げてみます。

○教育技術 (EdTech) 業界

日本の教育技術市場は、オンライン学習プラットフォームや仮想教室など、多くのイノベーションを見ています。チャットGPTは教育プロセスをさらに強化し、個別化された学習経験を提供することができます。例えば、チャットGPTは、学習者が独自のペースで学べる個別指導プラットフォームを提供することができます。さらに、言語学習アプリケーションや自動エッセイスコアリングシステムの開発にも利用されます。これらの機能は、教育技術プラットフォームの吸引力と効果を高める可能性があり、新しいユーザーを引き付け、既存のユーザーに対する満足度を高めることができます。

○カスタマーサービス業界

日本の企業は、質の高いカスタマーサービスを提供することで知られており、チャットGPTはこの努力をさらにサポートすることができます。チャットGPTは、自動化されたカスタマーサービスソリューションを提供し、エージェントの負担を軽減し、顧客の問い合わせに迅速かつ効果的に対応することができます。また、この技術は、企業が効率的に顧客データを収集し、分析することで、サービスの向上や新しい製品・サービスの開発をサポートすることも可能です。

○ヘルステック業界

チャットGPTは、患者の質問に回答したり、基本的な診断を提供したりするために、ヘルスケア分野で利用される可能性があります。日本では、高齢化社会とともに医療ニーズが増加しており、この技術は、医療プロバイダーが効率的に対応し、患者のケアを向上させることに貢献する可能性があります。また、健康情報の提供や遠隔医療サービスのサポートなど、ヘルステック業界全体のイノベーションを推進する要因となる可能性があります。

まとめ

事業再構築補助金の利用は、ChatGPT事業のスタートアップにとって大きな支援となります。この補助金を利用することで、システム開発や市場調査にかかるコストを抑えながら、急速に拡大する生成AI市場に参入するチャンスを掴むことができます。今すぐ補助金の申請を検討し、ChatGPT事業の可能性を追求しましょう。

事業再構築補助金 申請相談窓口

事業再構築補助金に関するご相談はこちらです。フォームを送信すると担当者が詳しい内容をご説明します。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー