事業再構築補助金 申請代行のメリットや費用相場を解説

事業再構築補助金

この記事では、事業再構築補助金への申請を検討する事業者向けに、申請代行のメリットや費用相場を解説します。

事業再構築補助金とは?

事業再構築補助金は、思い切った事業再構築をする中小企業に向けた補助金です。ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会に対応するため、中小企業等が新たな事業を行う場合に必要となる資金(最大8,000万円、補助率2/3)を支援する補助金です。

【最新】事業再構築補助金とは?補助額や申請要件、採択率を解説

事業再構築補助金 第10次まで採択結果

以下は事業再構築補助金 第1~10回の採択件数および採択率です。

事業再構築補助金の第1回から第10回までの採択結果を見ると、初回の採択率は36.0%で、その後徐々に採択率が上昇し、第7回と第8回で最高の51.1%および51.2%を記録しました。しかし、第10回に制度変更があったことを受けて、採択率は48.1%に減少しました。この制度変更は、採択難易度の上昇および採択件数の減少にも影響し、第10回では5,205件となりました。

事業再構築補助金の申請代行とは?

ものづくり補助金の申請代行とは、補助金の申請プロセスを専門家がサポートするサービスです。この中には、事業計画書や決算書などの資料準備が含まれます。専門家は、事業者からの詳細な情報収集を行い、実現可能性が高く成長の見込める事業計画書を提案します。ただし、最終的な申請は事業者が電子申請システムを通じて自ら行う必要があります。

申請代行の活用理由

代行を利用する主な理由は、成功率の高い事業計画書を作成するためです。専門知識と経験が求められるため、専門家によるサポートは採択率を高める上で大きな利点となります。

Tips事業再構築補助金では、認定支援機関のサポートを受けて申請することが義務付けられています。

申請代行のメリット

①手間と時間の削減

申請代行では、専門家が中心となり作成するので、事業者が自分でゼロから資料を作成する手間と時間を削減できるというメリットがあります。申請書等を作成するには、40ページを超える公募要領を理解し、申請要項を満たしているか、審査項目に沿った内容になっているか、審査員に伝わりやすいビジネスプランになっているか等を考慮したうえで、所定の枚数に内容を収めた資料を作成する必要があります。

②採択率の向上

補助金の専門家は、事業者の経営状況や計画する設備投資等の意図を客観的な視点でとらえて資料作成をサポートするので、ものづくり補助金の採択につながる可能性が高まります。補助金の専門家は、申請のコツや事業計画書で押さえるべきポイントを理解し、最新情報も入手して対応しているので、事業者が申請するよりも採択率を高めることが可能となります。

③経営戦略のアドバイス

補助金の専門家は、経営コンサルタントとして活動している場合が多く、事業計画を作成するプロセスで新規事業の経営戦略に関するアドバイスを受けることができます。事業計画は、事業者と専門家で一緒に練り上げていくので、その際に事業の強みや課題を見つけて実現可能な解決策を検討することができます。

申請代行サービスの料金相場

代行サービスの料金は、専門家によって異なり、主に「着手金」と「成功報酬」の2つの要素で構成されます。着手金はサポート開始時に発生し、成功報酬は補助金が採択された際に支払われます。相場は着手金が10~20万円、成功報酬が補助金額の10~20%程度です。ただし、着手金なしで成功報酬のみを請求する業者も存在し、その場合は成功報酬の割合が高くなる傾向にあるので注意が必要です。

Tipsこのように、事業再構築補助金の申請代行は、専門的なサポートを通じて、申請の成功率を高めるための有効な手段となり得ます。しかし、サービスの選択にあたっては、料金体系や提供されるサポートの内容をしっかりと検討することが重要です。

レオン・ストラテジー株式会社の申請代行サービスの特長

①経営改善への強力なサポートで高採択率を実現

レオン・ストラテジー株式会社は、事業再構築補助金の申請プロセスにおいて、圧倒的な成功率を誇ります。平均採択率が50~60%である中、当社のサポートを受けた申請は90%以上の採択率を達成。これは、熟練の経営コンサルタントが実践的で効果的なビジネスプランを策定することで、事業者の補助金獲得に貢献しているからです。

②幅広い業種での豊富な採択実績

事業再構築補助金は、機械設備の導入だけでなく、多岐にわたる経費に対応しています。印刷業、クリーニング業の設備導入から、アプリ開発、生産管理や顧客管理システムの導入など、幅広い事業領域での採択実績があります。当社は多様な業種に対応し、各事業に最適な補助金獲得戦略を提供します。

③採択後の事業化への全面支援

採択された事業者に対しては、当社が一層のサポートを提供します。生産性向上、作業効率の改善、売上拡大、資金繰り改善など、事業拡大や経営改善に直結するコンサルティングを実施。事業者のさらなる成長を促進します。

④透明でわかりやすい料金体系

当社の申請代行サービス料金は、明確かつ合理的です。着手金は10万円(税別)で、これには初期の経営コンサルティング、事業計画書の作成支援、電子申請プロセスのガイダンスなどが含まれます。成功報酬は、補助金受領額の10%(最低金額50万円(税別))で、補助金獲得の成功に対する報酬となります。

レオン・ストラテジー株式会社は、あなたの事業拡大と経営改善を強力にサポートする、信頼の申請代行パートナーです。

事業再構築補助金 第12回で終了する可能性もある

事業再構築補助金は、運用方法が問題視されている部分もあり、第12回で終了又は修正される可能性が示唆されています。
日経新聞デジタルでは、下記のように報じています。

ウィズコロナ時代への対応として中小企業の業態転換などを支援する「事業再構築補助金」で資金獲得狙いとみられる安易な申請が相次いでいるもようだ。財務省は11日、今年9月にゴルフ関連で79件が採択されたと明らかにした。シミュレーションゴルフなどよく似た事業プランが目立つという。11日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の歳出改革部会で示した。
業態転換補助金、ゴルフ79件採択 安易な申請横行か 財制審指摘 日本経済新聞

事業再構築補助金 第12回への申請がおすすめ!

財務省からの指摘や議論を考慮すると、終了や大きな修正の可能性が高まっていると言えます。

中小企業にとって、事業再構築補助金は事業展開や業態転換にとって大きな支援となります。この機会を逃さないためにも、来年度の補助金に頼らず、第12回公募への申請を積極的に検討することをおすすめします。

Tips早めに申請する必要性は、補助金の予算消化速度や過去の申請状況からも明らかです。22年度以降、補助金の申請件数は減少しているものの、補正予算が継続して盛り込まれている現状を鑑みると、次回の申請が最後のチャンスとなる可能性は十分にあります。

事業再構築補助金 第12回公募 申請相談窓口

事業再構築補助金第12回公募の申請に関するお問合せ受付はこちらです。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー