ものづくり補助金 生成AI開発は補助対象!経費や採択事例を解説

ものづくり補助金

この記事では、ものづくり補助金で生成AI開発を申請を検討する方向けの解説です。

ものづくり補助金とは?

ものづくり補助金は、中小企業等による生産性向上に資する革新的サービス開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する補助金です。大手企業ではない中小企業・小規模事業者が対象となり、個人事業主もこの補助金を利用できます。

【最新】ものづくり補助金とは?補助額や申請要件、採択傾向を解説!

ものづくり補助金を活用した生成AI開発

生成AI(人工知能)開発がものづくり補助金の対象となることは、製造業において大きなチャンスを意味します。この補助金を利用してAI技術を開発することで、以下のようなメリットが期待されます。

1.技術革新への貢献

生成AIは、製品設計や生産プロセスを根本から変革する力を持っています。これにより、企業は市場での競争力を高めるための新しい技術を取り入れることができます。

2.生産効率の向上

AI技術を生産ラインに導入することで、作業の自動化や効率化が進みます。これは、コスト削減や生産性の向上に直結し、企業の収益性向上に寄与します。

3.新製品開発の促進

生成AIは新しい製品やサービスの開発を加速します。これにより、企業は市場のニーズに迅速に応え、新たなビジネスチャンスを掴むことができます。

今すぐ無料相談

ものづくり補助金で申請がおすすめの理由

①開発費や外注費の補助

ものづくり補助金は、生成AI開発に関わる開発費や外注費など、プロジェクトに必要な費用の一部を補助します。これにより、企業は新技術開発のリスクを軽減しながら、イノベーションを進めることができます。

②最大2/3の補助率

ものづくり補助金は、プロジェクト費用の最大2/3までを補助することが可能です。これは、企業が大規模な投資を行う際の重要な財政支援となり、開発プロジェクトの実現を大きく後押しします。

③生産性の効率と技術革新

生成AIの開発は、製品設計や生産プロセスの根本的な革新を可能にし、企業の市場での先進性と競争力を大幅に高める機会を提供します。この技術を導入することによる自動化やプロセスの最適化は、生産効率の大幅な向上を実現し、コスト削減や時間節約に直接貢献します。

ものづくり補助金 第17次 スケジュール

ものづくり補助金の第17次のスケジュールや締切予想は下記の通りです。

  • 公募開始・・令和5年12月~令和6年1月前後
  • 応募締切・・令和6年2月前後

もし、令和6年1月など早い時期に応募締め切りがあった場合、追加公募がある可能性もあります。

ものづくり補助金 相談窓口

ものづくり補助金の申請に関する相談窓口はこちらです。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー