事業再構築補助金 【市場拡大要件】を解説

事業再構築補助金

今回は、事業再構築補助金における『給与総額増加要件』について解説します。

市場拡大要件は成長枠の必須要件

市場拡大要件は、成長枠での申請に必要な要件のひとつです。成長枠は「成長分野への大胆な事業再構築に取り組む中小企業等」を支援します。要件を満たすには、取り組む事業が、「過去から今後のいずれか10年間で、市場規模が10%以上拡大する業種・業態に属している」ことが必要です。

該当の業種・業態は事務局から指定がありますが、指定されていない場合でも、申請が認められる場合があります。市場拡大要件の詳細や留意事項は、以下の通りです。

市場拡大要件の対象業種・業態

①事務局が指定する要件を満たすとされる業種

  • 畜産食料品製造業
  • 調味料製造業
  • パン・菓子製造業
  • 動植物油脂製造業
  • その他の食料品製造業
  • 製氷業
  • 綱・網・レース・繊維粗製品製造業
  • その他の繊維製品製造業
  • 造作材・合板・建築用組立材料製造業
  • 家具製造業
  • その他の家具・装備品製造業
  • 紙製容器製造業
  • その他のパルプ・紙・紙加工品製造業
  • 印刷関連サービス業
  • 無機化学工業製品製造業
  • 油脂加工製品・石けん・合成洗剤・界面活性剤・塗料製造業
  • 医薬品製造業
  • 化粧品・歯磨・その他の化粧用調整品製造業
  • その他の化学工業 など

②業界団体等が要件を満たすことについて示した業種・業態

  • フィットネスクラブ
  • フレキシブルオフィス
  • コールセンター業
  • 焼肉店
  • 警備業
  • 土木工事業
  • 住宅リフォーム業
  • 宇宙利用サービス産業
  • アート産業
  • キャンプ場・グランピング施設宿泊業
  • アニメーション制作業
  • コインランドリー業
  • インバウンド顧客をターゲットとした宿泊業

この他にも「応募時に要件を満たす業種・業態である旨データを提出し、認められた場合には、対象となり得ます」とされています。認められない可能性もあるため、なるべく上記から選択することをおすすめします。

市場拡大要件の対象・対象外となる例

市場拡大要件では、2019年だけ極端に値が上昇している等、上昇傾向にあると認められない場合は対象となりません。支援対象になる業種・業態とは、市場規模が今後も上昇を続ける「上昇トレンド」にあるものです。「認められる例」と「認められない例」は、以下の表も参考にしてください。

認められる例

①2019 年の市場規模が 2009 年に比べて 10%以上拡大しており、一貫して上昇トレンドにある。
②2019 年の市場規模が 2009 年に比べて 10%以上拡大しており、前年に比して縮小している年も
あるが、全体として上昇トレンドにあると認められる。

認められない例

③2019 年の市場規模が 2009 年に比べて 10%以上拡大しているが、2019 年だけ何かしらの事情で
拡大しているだけである可能性があり、上昇トレンドにあるとは判断できない。
④2019 年の市場規模が 2009 年に比べて 10%以上拡大しているが、近年(2015 年から 2019 年に
かけて)下降トレンドにある。


出典:成長枠の対象業種・業態の指定について

事業再構築補助金 申請相談窓口

事業再構築補助金に関するご相談はこちらです。フォームを送信すると担当者が詳しい内容をご説明します。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー