【令和6年・2024年度】ものづくり補助金 第17次以降の最新情報が公表

ものづくり補助金

日本の中小企業向けの支援策である「ものづくり補助金」が2024年に向けて新たな展開を迎えます。この度中小企業庁から公開された資料によれば、2024年度のものづくり補助金には抜本的な制度変更が入る予定です。最新情報からその具体的な内容を解説していきます。

ものづくり補助金とは

ものづくり補助金は、中小企業等による生産性向上に資する革新的サービス開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する補助金です。大手企業ではない中小企業・小規模事業者が対象となり、個人事業主もこの補助金を利用できます。

【最新】ものづくり補助金とは?補助額や申請要件、採択傾向を解説!

Tips政府の2023年度補正予算案にものづくり補助金も含む中小企業生産性革命推進事業として2000億円を盛り込んでいます。

2023年12月、中小企業庁により公開された2024年度のものづくり補助金の資料は下記です。これまで明らかになっていなかった申請枠の詳細について記載されています。

r5_mono_shogyo_service

ものづくり補助金の変更点

そして今回、中小企業庁から公開された2024年度の最新の変更点は大きく以下の通りです。それぞれ以下で詳しく解説します。

  1. 省力化(オーダーメイド)枠の新設
  2. 製品・サービス高付加価値化枠の新設等
  3. 大幅賃上げに係る補助上限額引き上げ特例の拡充
  4. その他(口頭審査や公募時期、産業雇用安定助成金との連携)

1.省力化(オーダーメイド)枠の新設

中小企業・小規模事業者が人手不足の解消等を目的とした、生産プロセス等の省力化の取り組みを進めるため、個々の事業者のビジネスプロセスに応じたオーダーメイド型の省力化投資等を補助上限額を大幅に引き上げて支援します。

省力化(オーダーメイド)枠の補助上限は750万~8000万円ですが、大幅賃上げ特例が適用されると、1000万円~1億円となります。補助率は、中小企業は1500万円までは1/2、1500万円を超える部分は1/3、小規模事業者は2/3です。

ものづくり補助金 省力化(オーダーメイド)枠とは?補助額や要件を解説

中小企業・小規模事業者が、付加価値の高い革新的な製品・サービスの開発に取り組むために必要な設備投資等を支援する枠です。サービス高付加価値化枠には、通常類型と、成長分野進出類型(DX・GX)の2種類があります。

①通常類型

通常類型の場合、補助上限は750万~1250万円です。大幅賃上げ特例が適用されると、850万円~2250万円となります。補助率は中小企業で1/2、ただし、新型コロナ回復加速化特例の場合は2/3となります。小規模事業者などは2/3となります。

②成長分野進出類型<DX・GX>

今後成長が見込まれる分野(DX ・ GX )は 成長分野進出類型 とし、通常類型よりも 補助上限額・補助率において重点支援 。コロナからの回復を図りつつ、最低賃金の引き上げにも取り組む事業者を通常類型よりも補助率を引き上げて支援 。

成長分野進出類型(DX・GX)の場合、補助上限は1000万~2500万円です。大幅賃上げ特例が適用されると、1100万円~3500万円となります。補助率は2/3となります。

ものづくり補助金 サービス高付加価値化枠とは?補助額や要件を解説

3.大幅賃上げに係る補助上限額引き上げ特例の拡充

第17次以降から賃上げをする事業者への支援が拡充されます。一方、要件未達の場合、返還義務などが生じるようです。省力化(オーダーメイド)枠においては、上乗せ額を拡充し、最大2,000 万円まで補助上限を引き上げることができます。達成の考え方などは事前に確認しておきましょう。

4.その他(口頭審査や公募時期、産業雇用安定助成金との連携)

その他の細かな変更点は以下の通りです。

①交付候補者決定前において、一定の投資規模の事業計画に取り組む事業者に対して、 口頭審査 を導入します。

②令和5 年度補正予算を基に行う公募の 補助事業実施期間は令和 6 年 12 月 10 日までとなりました。
令和5 年度補正予算に基づく公募は 2 回程度実施予定 。補助事業実施期間は、いずれの公募回においても令和 6 年 12 月 10 日まで(令和 6 年 12 月 10 日までに実績報告まで完了する必要があります。延長はできませんのでご注意ください) 。

③厚労省の産業雇用安定助成金(産業連携人材確保等支援コース) との連携されます。
ものづくり補助金の「製品・サービス高付加価値化枠」で交付決定を受けた中小企業等に対し、景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた中小事業主等が生産性向上等に必要な新たな人材を雇入れた場合に、当該事業主に対し、当該人材に係る賃金の一部を助成する 「産業雇用安定助成金(産業連携人材確保等支援コース)」との連携 を実施。

今すぐ無料相談

グローバル枠については、引き続き、海外事業を実施し、国内の生産性を高める取り組みに必要な設備投資等を支援します。

 

グローバル枠の補助上限は3000万円です。大幅賃上げ特例が適用されると、4000万円となります。補助率は中小企業で1/2、小規模事業者で2/3となります。

ものづくり補助金 グローバル枠とは?補助額や要件を解説

ものづくり 第17次の公募情報(2023年12月28日更新)

2023年12月27日に公開されたものづくり補助金 第17次の公募要領によると、第17次で公募されるのは「省力化(オーダーメイド)枠の新設」のようです。

また第17次に申請すると第18次への申請はできないようですので、このあたりも注意して申請を進めてください。

ものづくり補助金 第17次 スケジュール

ものづくり補助金の第17次のスケジュールは以下の通り実施される予定です。

  • 公募開始・・2024年12月27日(水)17時~
  • 申請受付・・2024年2月13日 (火)17時~
  • 応募締切・・2024年3月1日  (金)~17時【厳守】

まとめ:2024年のものづくり補助金

2024年のものづくり補助金は、中小企業の生産性向上と市場での競争力を高めるための重要なステップとなります。新たに導入される「省力化(オーダーメイド)枠」、「サービス高付加価値化枠」、そして「グローバル枠」は、補助上限と補助率の面で大幅な強化が図られており、特に大幅賃上げ特例の適用によって、より大きな資金支援が可能になります​​​​​​。

重要これらの変更は、中小企業が直面する現代的な課題に対応し、持続可能な成長を達成するための強力な後押しとなるでしょう。

ものづくり補助金 相談窓口

ものづくり補助金の申請に関する相談窓口はこちらです。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー