【2024年開始】省力化投資補助金の新設背景や目的を解説

省力化投資補助金

本日は、省力化投資補助金の背景や目的について解説します。

省力化投資補助金 とは

2023年11月9日に経済産業省が発表した「省力化投資補助金」は、業務の省力化につながるAIやロボットなどの導入を後押しするための新たな支援策です。この補助金は、総合経済対策の一環として設けられ、中小企業の省人化・省力化の取り組みに関する設備導入を支援するために設計されています

2023年11月9日、経済産業省は中小企業の人手不足の改善に向けて、業務の省力化につながるAIやロボットなどの導入を後押しする、新たな支援策を正式発表。今年度の補正予算案に必要な費用として、1000億円を盛り込む方針のようです。

中小企業の人手不足改善に向け 1000億円の支援策 経産省

省力化投資補助金 支援内容

この補助金制度は、中小企業が直面している人手不足の問題を解決し、生産性を向上させることを目的としています。政府は、中堅・中小企業の持続的な賃上げを支援し、投資を後押しする意図があります。

Tips具体的には、省力化に即効性のある汎用製品の導入を簡易にするための支援が行われ、カタログから選択しやすい形式で提供されます

省力化投資補助金の背景と目的

背景:中小企業の人手不足問題

一方で、日本の中小企業は深刻な人手不足に直面しています。これは、高齢化社会の進行と若年労働力の減少が主な原因です。多くの中小企業では、新しい人材の採用が困難であり、既存の従業員に対する労働負担が増大しています。

人手不足は、業務の遅延やサービス品質の低下につながり、企業の成長にも影響を及ぼしています。そのため、労働力を補完し、業務を効率化する手段として、自動化やAI技術の導入が求められているのです。

Tipsこのような背景から、政府は省力化投資補助金を通じて、中小企業のこれらの課題に対処しようとしています。

目的:中小企業の生産性向上

日本の中小企業は、国内経済の重要な柱であり、国の経済成長において中心的な役割を担っています。しかし、これらの企業はしばしば、資源の限られた環境下で運営されており、生産性の向上が重要な課題となっています。生産性を高めることは、企業の収益性を向上させ、競争力を高めるために不可欠です。特に、技術の進歩を活用し、省人化や効率的な運営方法を採用することが、生産性の向上に直結します。そのために、AIやロボット技術の導入など、新しい技術を取り入れることが、これらの企業にとってますます重要になっています。

省力化投資補助金の支援内容

AIとロボットの導入

この新設された省力化投資補助金は、中小企業がAI技術やロボット技術を導入しやすくするためのサポートを提供します。製造業における生産工程の自動化は、この補助金の主要な焦点の一つです。

例えば、製品の組み立てや検査を自動化するロボットの導入は、労働力の不足を補い、効率を大幅に向上させることができます。また、品質検査を行うAI搭載機器の導入により、製品の品質管理をより精密かつ迅速に行うことが可能になります。

これらの技術は、生産性の向上だけでなく、人間が行う繰り返し作業の誤りを減らすことにも寄与します。

先端技術の導入支援

補助金はまた、製造業だけでなく、他の業界における先端技術の導入も支援します。これには、データ分析、プロセスの最適化、顧客サービスの自動化などが含まれます。

例えば、小売業やサービス業においては、顧客の行動を分析し、個々のニーズに合わせたサービスを提供するAI技術の導入が有効です。また、物流や運送業界では、配送の最適化や在庫管理の効率化を実現するためにAIとロボット技術を活用することができます。

このような技術の導入によって、中小企業はリソースの効率的な利用と業務の効率化を図ることができ、長期的な競争力の向上につながります。

 

今すぐ無料相談

省力化投資補助金 補助対象者

経済産業省の提案する「省力化投資補助金」は、特に労働集約的な業種における作業の自動化と効率化を目的としています。以下は、提案された具体的な業種と、それぞれの業種での技術活用方法です。

①製造業の事例

中小規模の自動車部品製造業者の場合、組み立てラインにAI搭載のロボットアームを導入したり、することで、組み立ての効率が30%向上し、製品の不良率が5%から2%に減少させるなどの事例があります。

②飲食業の事例

省力化投資補助金は、特に飲食業界において大きな影響をもたらすと期待されています。具体的には、自動化技術を活用することで、飲食店はピーク時の対応力を高め、料理の品質を一貫して保ち、顧客体験を向上させることができます。

③介護

例えば、介護スタッフの不足に直面していた中規模の施設場合だと、補助金で清掃ロボットや配膳ロボットを導入すれば、スタッフの作業負担を軽減できます。その結果として、スタッフの残業が平均で1日あたり1時間減少し、ケアの質を向上させることができます。

④建設業の事例

例えば、 地方の中堅建設会社の場合、ドローンを使用した点検や測量に補助金を活用できます。これにより、従来必要だった高所作業の時間が70%削減され、安全性が大幅に向上した活用事例なども多くあります。

⑤農業の事例

例えば、労働力不足に悩んでいた中小規模の農場場合、自動走行トラクターと無人運転コンバインの導入により、作業の効率が50%向上し、収穫量が前年比で20%増加したケースも民間では報告されています。

⑥倉庫業の事例

例えば、多くの商品を扱う中規模の物流センターの場合、自動搬送ロボットの導入で、ピッキング時間が平均30%短縮され、誤配送が70%減少した事例も上がっています。

⑦サービス業の事例

省力化投資補助金は、特にサービス業界において大きな影響をもたらすと期待されています。具体的には、自動化技術を活用することで、サービス店はピーク時の対応力を高め、料理の品質を一貫して保ち、顧客体験を向上させることができます。

Tips省力化投資補助金は、これらの技術導入に必要な財政的支援を提供し、導入する際の障壁を減らすことを目的としています。

詳細は【省力化投資補助金の補助対象者や活用イメージを解説】で解説しています。

まとめ:省力化投資補助金

本日は省力化投資補助金の背景などについて解説しました。

省力化投資補助金は、深刻な人手不足という課題に対処し、新技術の導入を通じて生産性を高めることを目指しています。AIやロボット技術の導入は、今後の競争力強化に不可欠です。ぜひご活用を検討してみてください。

省力化投資補助金 相談窓口

省力化投資補助金の申請や活用に関する相談はこちらです。


DL推奨!2024年度版補助金ガイド

2024年度に中小企業が今から利用できる5大補助金を一挙紹介!補助金を活用すれば自己負担を最大75%減らして事業を実施することができます。絶対に損をしたくない方はガイドブックを今すぐDLしてください!

今すぐ無料で受け取る

公式LINEから今すぐ相談!

公式LINEでは資金調達の専門家に即時無料でチャット相談ができます。通常5分以内に返信。さらに経営・資金繰りに役立つ最新情報や補助金診断によって、全国7,800種類の補助金から最適な補助金を見つけてご提案します。

友だち追加

PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー