【2024年・令和6年度】中小企業向け5大補助金をまとめて解説

補助金

24年度では、23年度の補助金に続き、新たな補助金が続々と追加される見込みです。一体どんな補助金があるのか気になる経営者も多いのではないでしょうか。

本記事では、新事業・DX化・省力化等に活用できる中小企業向けの5大補助金を紹介します。

2024年は通年公募型補助金がおすすめ

全国には自治体の補助金を含めると数千種類の補助金がありますが、まず結論から申し上げると、通年公募型の補助金がおすすめです。

理由は3つあります。

①通年公募だからチャンスが多い
通年公募型補助金は2024年度に2~4回公募があります。応募期間も2か月程度あり、一般的な余裕を持ったスケジュールで準備できます。

②補助額が大きく、対象経費が幅広い
1社あたりの補助額も数百万から数千万と大きく、幅広い対象経費の中から大半の経費を申請可能です。

③事例が豊富で採択を狙いやすい
毎年1万社以上が応募し採択事例も一部公開されているため、審査観点や採択傾向の分析・対策がしっかりと行えます。

上記の通り、通年公募型は応募回数と申請期間、対象経費の面から優遇されており、十分な準備をした上で、都合の良いタイミングで申請・事業実施することができます。

2024年の通年公募型補助金は5つ

本日ご紹介する24年度の通年公募型補助金は以下の5つです。

  1. 事業再構築補助金
  2. ものづくり補助金
  3. 省力化投資補助金
  4. 持続化補助金
  5. IT導入補助金

それぞれ詳しく解説していきます。

事業再構築補助金

事業再構築補助金は、事業再構築補助金は社会経済変化に対応し、事業を再構築する企業を支援する補助金です。

アフターコロナ時代の経済社会に対応するため、中小企業等が新たな事業を行う際に必要となる経費を補助してくれます。

※【最新】事業再構築補助金とは?補助額や申請要件、採択率を解説

事業再構築補助金は2024年も継続

2024年度も2~3回の公募が実施されると経産省から発表されています。しかし、第12回公募から大きな制度変更があります。申請時は最新の公募を必ず確認しましょう。

※事業再構築補助金 第12回公募からの変更点3つを速報解説

ものづくり補助金

ものづくり補助金は、中小企業等の革新的サービス開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する補助金です。24年度から申請枠が大幅に見直され、新たに追加された省力化枠では最大1億円、補助率2/3で補助されることができるようになりました。

※【最新】ものづくり補助金とは?補助額や申請要件、採択傾向を解説!

2024年2月現在、ものづくり補助金は第17・18次の公募が行われています。どちらも2024年3月が申請締切ですが、いずれかの公募にしか申請できないので注意しましょう。

ものづくり補助金 第18次公募開始!17次との変更点を解説

省人化投資補助金

省力化投資補助金は、令和5年度補正予算で閣議決定した新しい補助金です。第1回公募は2024年4月頃で、令和8年9月までに第15回公募があります。

中小企業の省人化・省力化の取組みを支援するため、DX・IoT・AI導入などに係る費用を最大1,500万円、補助率1/2の条件で補助します。

※詳細は【省力化投資補助金とは?最新情報を速報解説!】で解説

今すぐ無料相談

省力化投資補助金の補助対象経費

省力化投資補助金では、①省人化②省力化を促進する製品が対象です。

IoTやロボット等の人手不足に効果のある製品を「カタログ」に掲載し、申請事業者が選択することで、簡易で即効性のある省力化投資を促進します。

【業界別】省力化投資補助金を活用できるIoT・AI導入やDX事例を解説

第1回公募の採択率は70~80%

第1回公募の採択率は例年70~80%と高く、予算消化につれて採択率は低下する傾向があるため、予算が十分確保されている第1~2回での申請がおすすめです。

販売業者向け【省力化投資補助金 カタログ登録の流れや申請時期、準備を解説】

持続化補助金

持続化補助金は全国で最も使われている補助金です。2024年も継続見込みです。

この補助金は小規模事業者の販路開拓や業務効率化の取組みに必要な経費の一部を補助します。補助額は最大250万円、補助率は2/3~3/4です。

【小規模事業者持続化補助金 最新の申請枠や要件等を解説】

災害支援枠が2024年2月から開始

中小企業庁は2024年1月25日、能登半島地震で被害を受けた石川、富山、新潟、福井の4県の小規模事業者を支援する新たな取り組みとして、「小規模事業者持続化補助金」に「災害支援枠」を設置し、2月1日から第1次申請受付を開始すると発表しました。

【最新】持続化補助金の災害支援枠を解説

IT導入補助金

IT導入補助金は2024年も継続見込みです。

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合わせたITツールを導入する経費の一部を補助する補助金です。最大450万円まで、補助率1/2~3/4で補助されます。

【今さら聞けないIT導入補助金とは?わかりやすく解説】

2024年は補助金活用の大チャンス!

本記事では、2024年度に中小企業が申請できる通年公募型の補助金を5つご紹介しました。24年度には省力化や生産性向上につながる省力化投資補助金が追加されるため補助金活用のチャンスです!

補助金相談窓口

補助金の問い合わせ窓口はこちら。事業内容や財務状況に合わせた最適な補助金提案を無料で行っています。


PROFILE

稲野 健夫(代表取締役)
稲野 健夫(代表取締役)
兵庫県出身、関西学院大学卒。調達件数100社以上、成功確率80%超。
東証プライム上場の事業会社→コンサルファームを経て2023年起業。経営者の新たな挑戦をサポートするため、事業再構築補助金やものづくり補助金、融資等を活用した資金調達支援やインキュベーション事業、イベント事業を提供しています。

関連記事

カテゴリー